自転車に魅せられて
ピストバイク







TOP


メニュー















ピストバイクのハンドルのおすすめはある?


ピストバイクは、フレームをはじめとする各パーツを自分好みで収集し
オリジナリティの高い自転車を作り出すということも醍醐味の一つです。

フレームが決定した後は、ハンドル選びです。

一般的には、ドロップハンドルの認知度が高く利用者が多いものの
同じく根強い人気を誇るのがブルホーンハンドルです。

牛の角の形に似ていることからブルホーンハンドルと呼ばれています。

ブルホーンを利用した際、主に握る位置はハンドルの先端部分です。

先端部分を持つことで
ドロップハンドルのブラケットを握るポジションと同様になるためです。

そのため、通常の巡行に際しては
操作性がドロップハンドルより劣るということはありません。

しかし、ドロップ部が存在しないためより
加速したい場合や下り坂という場面では工夫が工夫が必要です。

ところが、空気抵抗は圧倒的にブルホーンが勝っています。

ドロップハンドルよりもハンドルが前に長いため、より遠くを持つことができます。

そのため、前傾姿勢になりますので必然的に空気抵抗が抑えられるのです。

こういった風の抵抗を抑えられるというメリットは、
変速機が搭載されていないピストバイクにおいては、非常に重宝することと言えます。

   
 
   
自転車に魅せられて